『旭北ジャーナル』【2021年度成果報告】

秋田県秋田市

2022.07.18

秋田県秋田市にある、旭北小学校(2021年度3年生)のみなさん。授業の一環で行っていた「秋田の海たんけんたい」の活動をまとめた『旭北ジャーナル』をこの度、一緒に制作しました。

元々、海に関しての学習を進めていたみなさん、オンライン授業でその成果を報告してくれ、せっかくならそれをジャーナルにまとめよう!とみんなと約束。「とっておきの海の思い出」を描いてもらう追加の宿題や「いろいろな海のかたち」をつくるワークショップも一生懸命行ってくれました。

 

「いろいろな海のかたち」をつくるワークショップは、本誌もデザインした、デザイナーの宮添浩司さんを講師に迎え、実施(本当は直接行きたかったのですが、コロナ禍ということで今回はオンラインで)。オリジナルの海、そして海の生き物ができあがりました。

そんなオリジナルな生き物たちは表紙にも登場しています(児童たちには特別に、帯の青い紙に貼ってもらう生き物シールをプラス)。

 

本誌の中では、もっと知りたい「海のまなびのタネ!」を書いてもらっています。これらの学習は4年生になった今も続けられ、秋田の海をさまざまな角度から深めています。

本冊子は、日本財団の助成を受けております。