レポート

秋田県秋田市|秋田市立旭北小学校

『旭北ジャーナル』をお届け!

2021年度成果報告

2022.09.28

学校地域探求学習海洋デザイン教育

秋田市立旭北小学校(現4年生)のみなさんと一緒につくった『旭北ジャーナル』。実は色々あり、子どもたちへのお披露目がまだできていなかったのです。ということで、サプライズで行ってきました!

まずはオンラインでつなぎ、最近の活動の様子を聞きます。すると、子どもたちから「つくるって言ってたあの本はどうなったの?」と質問が。「実は出来たんだよ!それじゃあ持っていくよー!」と応えていざ教室へ。わー!えー!と盛大に驚いてくれました。
興奮状態のみなさんは積極的にジャーナルを配るお手伝いもしてくれて、ソワソワどきどき席に着きます。そして、どーぞーの声に一斉にページをめくっていきます。

わー!すげー!とたくさんの声が聞こえたと思ったら、今度は一気に静かに。何かと思えば、キラキラした瞳で真剣にジャーナルを読む姿がありました。マスクからもれる表情がとっても嬉しそうで、こちらまでニコニコしてしまいます。

みんな宿題のことも宮添さんとのワークショップのこともよく覚えていて、これがあれだ!と細かなところにも気がついてくれました。そして、特典としてつくった海の生き物シールを帯の青い紙に貼り付けて自分なりの1冊を仕上げていきます。中にはもったいなくて貼れない!という子も。大事にしてくれることが嬉しいです。
ジャーナルという本に編むことで、いつだってこのときの学びを振り返られるようになりました。この学びのタネが10年20年後の彼らのライフワークになっていたら…なんて考えるのは大人のエゴですね。けれど、海について色々楽しみながら学んだことで、海って国語、社会、理科、料理、環境…と身近ないろんなことにつながっていると気付いていってくれたら嬉しいです。その中から興味のあることが見つかったらいいですよね。
そして、ジャーナルにまとまったことで、お友達がどんな海を見ているのか、大人の思い出にはどんな海があるのかなど、「海」が多面的でいろんな意味を持つ、とっても広いものだと少しでも思ってもらえたら嬉しいです。

制作の様子はこちらから

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『旭北ジャーナル』

執筆・絵:
2021年度秋田市立旭北小学校3年生のみなさん、佐藤雅典、佐藤博美
企画・監修:
田口康大
AD・デザイン・イラスト講師:
宮添浩司
編集:
小倉快子
印刷・製本:
ライブアートブックス
発行日:
2022年7月18日
サイズ:
A4変形(210×276mm)スケルトン装+帯カバー
頁数:
64ページ
その他:
非売品、特典シール付き
発行:
一般社団法人3710Lab

本冊子は、日本財団の助成を受けております。